低用量ナルトレキソン療法

【適応疾患】
すべてのがん疾患

【治療の内容】

ナ ルトレキソンは、元々麻薬やアルコールなどの依存症の治療に使用されています。薬物依存症の治療に使用する量(1日50mg)では脳内におけるオピオイドとオピオイド受容体の結合を24時間完全に阻害し、薬物依存を治す効果がありますが、この依存症に使う量の約10 分の1の低用量(3-5mg)を投与すると、免疫力やがんに対する抵抗力が高まる事が分かっています。これは、内因性のオピオイドとオピオイド受容体の結合が阻害されている状況 を代償するために、逆により多くの内因性オピオイドを産生するようになり、免疫力増強や抗ストレス作用、耐久力増強、鎮痛作用、がん細胞の増殖抑制などの効果を引き起こすからです。また、アルファリポ酸と併用すると免疫増強作用と抗がん作用がさらに強化されることも報告されています。


【副作用】
夜間、鮮明な夢を見ることがあります。困る場合は服用を就寝前から朝に変更します。


【費用】

低用量ナルトレキソン4.5mg 30日分 15,000円(税別)

【初診料】

10,000円(税別)

【連絡先】
フェリシティークリニック名古屋

052-231-5025

受付時間(火~土)9:00~13:00、14:00~18:00