6種複合免疫療法(免疫細胞療法)

【適応疾患】
すべてのがん疾患(血液のがんを除く)

【治療の内容】
6種複合免疫療法は、私たちの体の中にある免疫細胞を一度体外へ取り出し、活性化・増殖させて体内へ戻し、がんと闘う力を増強させる治療法です。6種複合免疫療法を開発した倉持恒雄博士は、1970年代より米国、カナダの医科大学で免疫学を学ばれ、以来40年以上にわたって研究を重ね、6,000人以上のがん患者さんの細胞を培養し、がん治療に貢献して来られました。

その中で、最初に末梢血中の「リンパ球」と「NK(ナチュラルキラー)細胞」を活性化・増殖させる培養方法を発見し、その後、「NKT細胞」「γδ(ガンマデルタ)T細胞」「樹状細胞」「ヘルパーT細胞」を加えた6種類の細胞を同時に活性化・増殖させることに成功。現在の6種複合免疫療法を確立しました。

患者さんご自身の血液を当院で採取し、倉持博士らが設立した熊本の培養センター(同仁がん免疫研究所)へ送ります。通常の免疫細胞療法と比べ、6種類の免疫細胞を用いてがんを攻撃、また発生・再発リスクをより低減させる、免疫細胞ネットワークの強化を行えることが特徴です。がん細胞への攻撃力を最大限に引き出し、患者さんの体内に点滴で戻します。

患者さんご自身の細胞を使う治療であり、原理的に安全な治療と考えられています。

6種複合免疫療法は再生医療安全性確保法により、届け出が必要な治療です。当院は6種複合免疫療法を行うことができる拠点医療機関です(再生医療等提供計画番号PC4190030 細胞培養加工施設番号FA7150002)。


【副作用】
個人差はありますが、一部の患者さんで投与した当日、38度台まで発熱する場合があります。これは免疫が活性化していることが原因で、翌日には平熱に戻ります。

【培養費用】

6種複合免疫療法「BASIC」
6種類の免疫細胞を用いた免疫療法です。免疫力の向上、がんの予防に適応できます。

初期培養費 15,000円(1クールごと初回のみ)(税別)

BASIC 1回 250,000円(税別)
BASIC 1クール6回 1,500,000円(税別)

6種複合免疫療法「CSC」
BASICの技術に、WT1ペプチドおよびがん幹細胞を標的としたペプチドを付加した治療です。
ほぼ全てのがんの治療に適用できます。

初期培養費 15,000円(1クールごと初回のみ)(税別)
CSC 1回 295,000円(税別)
CSC 1クール6回 1,770,000円(税別)

培養費用は、同仁がん免疫研究所(熊本)へお支払い頂きます。

【処置管理費用】

6種複合免疫療法(BASIC・CSC) 1回 14,800円(税別)

【初診料】

10,000円(税別)

【6種複合免疫療法の流れ】

1. 初診

2. 採血(30~60ml)

3. 培養(約2~3週間)

4. 点滴

【連絡先】

フェリシティークリニック名古屋

052-231-5025

火曜~土曜 9:00~13:00 14:00~18:00

(休診日)月曜、日曜、祝日

【参考サイト】
同仁がん免疫研究所 https://gan911.com/