高濃度ビタミンC点滴

【適応疾患】
すべてのがん疾患

【治療の内容】

2005年、米国国立がん研究所、米国国立衛生研究所、米国食品医薬品局は共同で「高濃度のビタミンCが選択的にがん細胞を殺す」ことを発表しました。高濃度ビタミンC点滴療法は、研究が進んでいる最先端のがん治療法であり、世界中で多くの患者さんが治療を受けています。

血液中のビタミンCが高濃度になると、細胞の周りで過酸化水素(H2O2)を生成します。正常細胞はこの過酸化水素を中和する酵素(カタラーゼ等)を持っているため、全く影響を受けません。一方、がん細胞の多くは酵素を持っていないため、過酸化水素を中和できず破壊されます。この特徴を利用して、抗がん剤として用います。

標準治療との相乗効果に加え、副作用軽減および体調改善効果も大変大きいため、生活の質(QOL)の改善が期待できます。点滴は25gから開始します。週に1回~3回、血液中のビタミンC濃度を測定しながら、50g、75gへと増量していきます。


【副作用】
点滴部位の痛みを感じることがありますが、局所を温めることで改善します。稀ながら腫瘍出血、腎機能障害、溶血の報告があります。


【注意点】
以下の方は受けられません。
・G6PD欠損症(治療開始前に必ずG6PD欠損症の検査を受けて頂きます)

・高度の心不全、高度の腎不全・透析

【費用】
高濃度ビタミンC点滴25g 15,800円(税別)
高濃度ビタミンC点滴50g 24,800円(税別)

高濃度ビタミンC点滴75g以上 29,800円(税別)一律

​G6PD欠損症検査(初回のみ) 4,800円(税別)

ビタミンC血中濃度検査(2,3回行います) 4,800円(税別)

【初診料】

10,000円(税別)

【連絡先】
フェリシティークリニック名古屋

052-231-5025

火曜~土曜 9:00~13:00 14:00~18:00

(休診日)月曜、日曜、祝日

【参考】
点滴療法研究会 https://www.iv-therapy.org/