マイクロアレイ検査

【適応疾患】
胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん

【検査の内容】
血液検査(5ml)


【マイクロアレイ検査について】
キュービクスは金沢大学のベンチャー企業として出発し、金沢大学での研究成果により、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がんのリスクを調べることができる血液検査(マイクロアレイ検査)を行っています。がんの早期発見、早期治療につながる最先端の検査です。相談の上、高濃度ビタミンC点滴や他の治療前後での検査も行います。

1. マイクロアレイ検査とは

マイクロアレイとは、がんなどに対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術です。血液ががん細胞に反応する状況を、世界で初めて遺伝子レベルで捉えることができるようになりました。これを利用し開発されたのが、マイクロアレイ検査です。


2. 従来の検査よりも早期にリスクを発見

マイクロアレイ検査は、これまでの検査よりも早期の段階で、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がんのリスクを発見できます。

がん細胞は時間と共に大きくなりますが、ある程度の大きさにならないと、PETを含め画像検査による発見は期待できません。これに対して、マイクロアレイ検査はがんの大きさに関係なくがんのリスクを判定、さらにリスク自体を見逃しにくい高感度な検査です。


3. 血液検査だから手軽で安全

マイクロアレイ検査は少量を採血するだけで、がんのリスク判定を行うことができます。血液検査なので被爆のリスクもなく、内視鏡検査のような負担もなく、手軽に受けることができます。

 

【検査にかかる期間】
約4週間

【費用】

マイクロアレイ検査(胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん) 80,000円(税別)

【初診料】

10,000円(税別)

【連絡先】

フェリシティークリニック名古屋

052-231-5025

火曜~土曜 9:00~13:00 14:00~18:00

(休診日)月曜、日曜、祝日

【参考サイト】
株式会社キュービクス https://www.kubix.co.jp/business/diagnosis/