アルテスネイト療法

【適応疾患】
すべてのがん疾患

【治療の内容】

がん細胞は、トランスフェリンレセプターを介したメカニズムにより、鉄を多く取り込んでいます。アルテミシニン誘導体アルテスネイトは、その鉄と反応してフリーラジカルを発生するため、がん細胞が選択的に障害を受け消滅するのです。がん細胞内に鉄が多くあるのに比べ、正常細胞はあまり鉄を含んでいないため、アルテスネイトを投与する前に鉄を投与することでがん細胞内の鉄の量を増やしておくと、抗腫瘍作用を増強することができます。

このように、アルテスネイトの抗腫瘍作用のメカニズムは、がん細胞に選択的に細胞死(アポトーシスや壊死)を引き起こすのが基本です。さらに、腫瘍組織の血管新生を阻害する作用、細胞外の結合組織を分解する酵素の活性を阻害することによってがん細胞の転移と浸潤を抑制する作用、トポイソメラーゼⅡα阻害作用や細胞内シグナル伝達系に作用してアポトーシスを誘導する作用など、多彩な抗がん作用が報告されています。高濃度ビタミンC点滴や他の治療との相乗効果も期待できます。
 

≪アルテミシニンの発見者がノーベル賞受賞≫

アルテミシニンを発見したトウーユーユー博士(中国中医科学院・北京)が2015年ノーベル医学・生理学賞を受賞しました。既に医学界のノーベル賞といわれるラスカー賞を2011年に受賞されており、重ねての受賞となりました。「伝統薬から開発された医薬品としては、20世紀後半における最大の業績」と表されているほど、医学において重要な成果と位置づけられています。


【副作用】
抗腫瘍作用を示す投与量では正常細胞に対する毒性が低く、副作用がほとんどないという特徴を持ってい
ます。アルテスネイトは昔からマラリアの治療に使われていた生薬の成分で、安全性が高く副作用が軽度であることが確かめられています。


【アルテスネイト療法費用】

アルテスネイト注射液(60mg)1本30,000円(税込)×1クール30本

※初回1本、2回目2本、3回目以降3本:週1~2回投与(全11回)

アルテスネイト療法費用は、内閣府認証NPO法人 国際健保協会(東京)へお支払い頂きます。

【処置管理費用】

アルテスネイト注射液 1回 14,800円(税別)

【初診料】

10,000円(税別)

【連絡先】

フェリシティークリニック名古屋

052-231-5025

火曜~土曜 9:00~13:00 14:00~18:00

(休診日)月曜、日曜、祝日

【参考サイト】

内閣府認証NPO法人 国際健保協会 http://www.imsa.or.jp/